医療科学部 臨床検査学科


医療科学部 臨床検査学科

※定員80名 男女共学
※臨床検査技師学校指定承認

キラリと光る臨床検査技師をめざして

臨床検査学科

みなさんは、臨床検査技師の仕事をどうとらえていますか?
病理検査、血液検査、輸血検査、生理機能検査とさまざまな検査を行う臨床検査技師。臨床検査装置を駆使してデータを取ることが仕事...と思っていませんか?
確かにこれらの患者情報を正確に検査データとして得ることは臨床検査技師の仕事です。
でも、それだけではないのです。血液検査の際、ん?なんだろう、この細胞は? 異型細胞を見つけることもあります。感染に反応した細胞なのか、腫瘍細胞なのかを鑑別する検査が必要になります。ただちに主治医に報告し、追加検査について相談します。その結果、診断が確定し治療法の決定につながります。異常値の原因が不明な時に臨床検査技師は医療科学者としての本領を発揮します。検査データをもとに文献やインターネットを駆使し類似症例はないか探ったり、科学的根拠をもとに異常値の原因が何かを追求していきます。新しい検査法の考案が必要なこともあります。そして、様々な行動が診断・治療につながったとき、大きな「やりがい」を感じると思います。
そんな探究心を大切にする臨床検査技師。この病態の解析はあの人に任せれば大丈夫と、医療チームから高く信頼される臨床検査技師。そんな、「キラリと光る臨床検査技師」を育てたい! 本学の教育はそんな思いをもって実践していきます。


学びの特長

"先進医療" "チーム医療"を実践できる
臨床検査技師の育成をめざします。

臨床検査技師になるには


卒業後の進路

主な活躍の場は、総合病院、クリニック、臨床検査センター、人間ドック・検診施設です。その他、国や地方自治体、製薬会社などのバイオ関連企業、臨床検査機器関連企業、医薬品開発支援機構なども活躍の場としてあげられます。さらに、大学院に進学して研究者や大学教員に進む道もあります。


臨床検査技師になるには

臨床検査技師になるには、大学や専門学校などの養成施設で臨  床検査の知識と技術、基礎医学、臨床病態などを学び、臨床検査技師国家試験を受験します。合格すると臨床検査技師の国家資格が取得できます。さらに、医用質量分析認定士、超音波検査士、細胞検査士、遺伝子分析科学認定士、中級バイオ技術者などの資格を取得することも可能になります。

臨床検査技師になるには


リメディアル教育

基礎科目も徹底的にサポート

入学後に基礎科目の理解力に不安を感じる学生には、基礎科目での教育だけでなく、リメディアル教育を実施し、専門科目の講義を理解できるようにサポートするとともに基礎科目、専門基礎科目、専門科目の教員が連携し学修を支援します。


取得できる資格・免許

     
  • ●臨床検査技師国家試験受験資格
  • ●医用質量分析認定士受験資格
  • ●遺伝子分析科学認定士受験資格
※臨床検査技師国家試験は4年生の2月に名古屋市内の会場で受験予定です。