臨地実習


臨地実習

internship.jpg

実践によって、学んだ知識と技術を統合させる

臨地実習は、実際の医療現場で看護職者としてのケアを実践する学習です。これまで大学で学んできた知識・技術・態度の統合をはかり、看護方法を修得します。看護の学びを「わかる」から「使う」「実践できる」段階に到達させることを目的とします。


実習の流れ

臨地実習は、学びの段階に合わせて2年次の8月からスタートします。その後、3年次、4年次と実習の各段階を重ねることで、確実に到達目標に向けて学びを修得できるように構成しています。対象者への責任を自覚し、必要な看護技術を修得して行きましょう。

intership_hyou.jpg

実習施設

地域全体が学びのフィールドに。
地域の基幹病院と連帯した質の高い実習を行います。

「看護は実践の科学」という考えのもと、2年次から臨地実習を行います。臨地実習先として予定しているのは、地元一宮を中心に尾張西部・名古屋の病院が中心。臨地実習中は、医療現場での活動に加え、翌日の看護計画を立てるなど多くの時間を要するため、心身ともに万全の状態で取り組めるよう配慮しました。


Point

  • 1年次にしっかり基礎を学んだうえで、2年次から実習がはじまる
  • 1グループ5人程度の少人数体制で、手厚い指導が受けられる
  • 地域密着型の先駆的な医療機関の協力のもと実践的に学ぶ

主な実習病院

gifu_map.jpg

実習先紹介

一宮市立市民病院

一宮市立市民病院

一宮西病院

一宮西病院

名古屋大学医学部附属病院

名古屋大学医学部附属病院