建学の精神

建学の精神

「国家・社会に貢献できる人材の育成」

教育の使命は、個性を啓培し伸張し、優秀な人格を形成するところにあります。修文大学・修文大学短期大学部は、「国家・社会に貢献できる近代女性の育成」を建学の精神として昭和16年に創立された一宮女子商業学校を母体としています。教育の指針となる校訓を創立者は「推譲・明朗・強健」とし、積極的に教育を展開してきました。昭和30年、「広い教養と高い専門的知識・技術を身につけた社会に貢献できる近代女性の育成」を目標に、一宮女子短期大学を開学しました。
時は経ち、国を挙げての男女共同参画社会の時代を迎えた平成20年に修文大学を開学。その後、短期大学部幼児教育学科を男女共学としたことを機に、「国家・社会に貢献できる人材の育成」を建学の精神に掲げました。「人間を重視し、人間の生き方の創造に貢献できる人材の育成」という教育理念の下、社会に有為な人材の育成に取り組んでいます。