看護学部 キャリア・就職


大学で看護師をめざす。

大学の目的は、専門的な学問を修めることにあります。
資格取得に必要な学びに留まらず、看護学を体系づけて学ぶため、豊かな人間性、高度な論理的思考、的確な問題解決力も身につきます。そのため、医療の高度化に伴って求められる、幅広い知識や論理的な思考力を備えた看護師として活躍できるほか、看護系大学の講師や研究職、専門看護師など将来の道も広がります。

取得できる
国家試験受験資格

  • 看護師

選択により取得できる
国家試験受験資格・免許

  • 保健師
  • 第一種衛生管理者※
  • 養護教諭二種免許状※

※保健師資格取得後本人申請

想定される進路

  • 病院・診療所などの医療機関
  • 保健所などの行政保健機関
  • 在宅ケア機関
  • 介護保険施設
  • 助産師養成校への進学 など

サポート

国家試験対策

模擬試験や対策講座などで講義以外でも力をつける

1年次

学期末に1年間で学習した科目の特別講座により、知識の定着をはかる。

2年次

早期の看護師国家試験対策講座とともに模擬試験を実施。

3年次

学期末の特別講座模擬試験の実施。

4年次

アドバイザーとともに少人数制国家試験対策を総合的にサポートする。

Point

学期末の国家試験
対策講座を実施

1年間に学習した授業科目で、特に看護師国家試験に関わる重要な科目に焦点を当て、再学習することで科目の理解を深める。

継続的に
模擬試験を実施

早期から看護師国家試験の模擬試験を実施することで、実力を確認するとともに、国家試験の傾向と対策を身につける。

看護職キャリア支援

看護職キャリア支援

看護学部には、就職活動を支援するため経験豊富な教員を「看護職キャリア支援アドバイザー」として配置。キャリア指導は1年次の前期から始まり、3・4年次には個別指導、就職合同説明会などで就職活動を支援します。さらに卒業後も安心して働き続けられるように「看護職キャリア支援アドバイザー」がさまざまな相談に乗ります。

看護職キャリア支援