健康栄養学部 管理栄養学科

健康栄養学部 Department of Nutrition



いのちと健康を支える専門職---管理栄養士。
幅広く活躍する食と栄養のスペシャリストを育てます。

管理栄養学科

管理栄養士とは?-栄養士との違い-

管理栄養士は、対象者の病状や身体状況などさまざまな要素を考慮した栄養指導や栄養管理を行うことができます。子どものアレルギー問題や生活習慣病の増加、高齢化による医療・福祉現場の多様化などへの対応が求められる現代社会において、「食のスペシャリスト」として解決策を導ける管理栄養士の活躍が強く望まれています。

管理栄養学科 3つの特長

管理栄養士に必要な能力を総合的に修得

専門知識に加えて、チーム医療に取り組んだり、患者さんと向き合って病気の予防・改善に取り組んだりするためのコミュニケーション能力なども修得。科学的かつ最新の知識に体系づけられた人間栄養学を学び、人間理解を深めます。

チーム医療で必要となるコミュニケーション能力を高める

医師や看護師などと取り組むチーム医療や栄養サポートチームの一員として活躍するためには、コミュニケーション能力が必要です。「コミュニケーション論」「人間関係論」などを通して、1~4年次まで段階的にその能力を高めます。

理系科目が苦手な学生をサポート。

1年次に「生物学」「基礎化学」「基礎化学実験」「有機化学」の基礎をしっかりと指導。さらに、生物・化学の基礎的内容を振り返りながらさまざまな栄養科目の学習を進めることで、理解をより深め、きめ細かくサポートします。

取得できる資格・免許

  • 管理栄養士(国家試験受験資格)
     
  • 栄養士
     
  • 栄養教諭一種免許状※
    ※教職課程の履修必要