カリキュラム 看護学部

カリキュラム

高度な看護知識・技術とともに、 心に寄り添う感性や倫理観を備えた看護師を養成します。

看護の専門8領域

基礎看護学

看護実践力の向上をめざす
看護の動機づけを高め、「看護とは」、「健康とは」などの看護の概念、対象者の健康上の問題を明確にし、問題を解決するための知識ならびに看護実践能力を培います。

成人看護学

成人期の特性を理解し看護実践能力の向上をめざす
成人期の健康障害を抱える対象者とその家族の特徴を理解し、急性期、慢性期、終末期にある人々の看護を学修します。

母性看護学

周産期、育児期の看護を極める
妊娠・分娩・産褥における母子とその家族を対象とした看護援助、女性の生涯にわたっての健康保持・増進への看護援助を学修します。

小児看護学

小児と家族のQOL向上をめざす
小児期にある対象者の発達特性を踏まえた小児特有の疾患を理解し、子どもとその家族が抱える看護問題に対してQOLを尊重した看護を学修します。

老年看護学

高齢者の尊厳と自律の配慮をめざす
老年期にある対象者の身体的能力、精神的状況、家族を含めた社会的状況や生活基盤を見つめながら、高齢者の尊厳と自律に配慮した看護を学びます。

在宅看護学

在宅療養者の生活を支える
在宅で療養する人々やその家族に対して、在宅ケアチームが連携して生活の質(QOL)の維持・向上をめざして生活支援します。このような在宅看護の基礎となる知識と技術について学修します。

精神看護学

心の健康維持・増進への看護を学ぶ
複雑化する社会状況の中で、対象者が抱えている生きにくさを理解し、精神疾患の看護だけでなく、看護のあらゆる領域の対象者の心の健康維持・増進への看護を学修します。

公衆衛生看護学

保健師の専門性を学ぶ
公衆衛生看護の理念を理解し、あらゆる年代を対象に健康支援活動をする保健師の役割と看護援助方法を学修します。

カリキュラム

カリキュラム

1年次

基礎教養科目、専門基礎科目を中心に基礎をしっかり学び、2年次からの臨地実習に備えます。

赤文字は必修科目青文字は選択必修科目


2年次

領域別に専門科目を修得。成人・母性・小児・老年・在宅など対象別の看護を学びます。基礎看護学実習も実施します。

赤文字は必修科目青文字は選択必修科目


3年次

看護師に必要な専門知識を学び深めます。実習病院で、さまざまな症例を経験します。

赤文字は必修科目青文字は選択必修科目


4年次

「統合看護実習」や「看護研究方法Ⅱ」を通して4年間の総まとめをしていきます。

赤文字は必修科目青文字は選択必修科目

科目ピックアップ

基礎看護援助技術Ⅰ

基礎看護援助技術Ⅰ

患者さんが必要とする援助を安全に行う。
日常生活を送ることが困難な患者さんが必要とする援助について、講義と演習を一体化させて展開します。
患者さんの安全、安楽、看護の作用を考慮する基本的援助の重要性を深く理解し、具体的な技術を身につけます。

病理学

病理学

疾病の原因や発生メカニズムを理解する。
細胞障害や循環障害、炎症、免疫異常とアレルギー、感染症など人間の疾病を学びます。
その原因や発生メカニズム、組織学的変化など必要な知識は膨大で講義内容は多岐にわたり、この先に学ぶ医学の土台となります。

コミュニケーション英語Ⅰ

コミュニケーション英語Ⅰ

医療現場のグローバル化に対応する英会話力を伸ばす。
多様な患者さんとのコミュニケーションを可能にするため、英会話の能力を伸ばします。
担当するのはネイティブ教員。学生同士で英会話を楽しみながら、「聞く」「話す」「読む」「書く」全体的な能力の向上をめざします。

手話

手話

手話によるコミュニケーションを学ぶ。
聴覚障害がある患者さんを看護する場面でよく使用される手話を学びます。
基礎的な会話技術を身につけると同時に聴覚障害者への理解を深め、コミュニケーションの枠を広げます。