教育方針/三つのポリシー

教育方針/三つのポリシー

食を科学する。

人間の身体は、食べて取り込んだ栄養によって形づくられます。また、おいしく楽しく食べることは、心を豊かにしてくれます。食べることは、生きること。生活習慣病の予防や食育など、食と健康に対する意識は高まっていますが、その方法は一様ではないはずです。一人ひとり異なる健康状態や日常生活、食の好みなどを見つめ、栄養や食品の専門知識をもって問題点を分析し、解決策を提案できる人――食を科学するスペシャリストが、求められています。

アドミッション・ポリシー(入学受け入れ方針)

管理栄養学科では、食・栄養・健康をキーワードとして、健康の維持増進、疾病の治癒・快復、健全な発育・成長に貢献できる高度な専門職業人を養成します。そのために下記の能力を備えた人を求めます。

  1. 化学・生物・数学・英語の学力
  2. 食・栄養・健康への関心
  3. チャレンジ精神と積極的な社会貢献

カリキュラム・ポリシー(教育課程の編成指針)

管理栄養学科では、ディプロマ・ポリシーを達成するため、下記の基本的な考え方に基づいてカリキュラムを編成しています。

  1. 教養分野科目および専門関連基礎分野の学習
  2. 専門基礎分野および専門分野の学習
  3. 管理栄養士に必要な教養および知識・技術の修得
  4. 臨地実習による知識と技術の融合
  5. 自己啓発のための積極的・継続的な学習の確保

ディプロマ・ポリシー(卒業認定・学位授与に関する方針)

管理栄養学科では、所定の単位を修得し、次の能力を備えた学生に卒業を認定し、学士(栄養学)の学位を授与します。

  1. 豊かな人間性と高い倫理観
  2. 食・栄養・健康に関する幅広い知識・技術
  3. 食・栄養の観点から健康を総合的にマネジメントできる能力
  4. 食・栄養の専門家として個人の栄養状態を把握し、適正な栄養管理を行う能力
  5. グローバル社会に対応したコミュニケーション能力