幼児教育学科 学びの流れ


学びの流れ

※第一部・第三部共通

「学びのサイクル」により保育実践力を確実に身につけます。

" はじめの一歩"

実習前に附属園で園見学を行い、見学したものをもとに記録を書きます。担当教員から個別に丁寧な指導を受け、しっかりと書き方の基本を学びます。


「なぜ、実習を行うのか」
その意義や目的をしっかり確認します。

1.実習目的の理解

実習の目的や意義について学んでいきます。実習する園や施設の特徴、実習生として知っておかなければならない基本的な心構えについて理解していきます。

2.実習準備・課題設定

実習個票の書き方や実習園とのアポイントの取り方など、実習前の様々な準備について学びます。実習では、自分で課題を立てることが大切になります。「自分の課題は何か」「自分は何を学びたいか」を考えることから始めていきます。

3.模擬練習・教材準備

実習生が短期間の保育を任される「部分実習」に備え、先生役と子ども役に分かれ、制作や表現遊びなどの模擬練習を行います。子どもたちとの実際のやりとりを想定し、保育教材の制作や発表なども行います。

※クリックすると拡大画像が表示されます。

現場を経験する、とても大切な機会。

授業で学んだことを学生が保育の現場で実践できる貴重な機会です。実習生として、一人ひとり個性が異なる子どもたちに合わせて保育を行う先生をしっかりと観察し、たくさんのことを吸収します。

  • 幼稚園教育実習
  • 保育所保育実習
  • 施設実習
現場を経験する、とても大切な機会。

実践を振り返ってさらなる成長へ。

実習先でつくった制作物や、保育現場の様子、どのような保育を実践したのかを学生一人ひとりが報告書にまとめ、スライドを使って発表します。自分自身の体験を振り返るばかりでなく、学生同士で積極的に質問や意見を交わす場として成長につなげます。

実践を振り返ってさらなる成長へ。

さまざまな学び方を実践している先輩たち

自分らしい時間の使い方を選択しながら、夢に向かって歩む先輩たち。
「仕事をしながら」「子育てをしながら」「プロフェッショナルをめざして」などそれぞれの学び方で保育者への道を歩んでいます。

和田 ありささん

幼児教育学科第一部 2年
和田 ありささん
岐阜県立郡上北高等学校出身

子どもが好きで選んだ学科。
好きなことを学べてとても楽しいです。

修文を選んだのは、音楽の授業でピアノの個別レッスンがあると知ったからです。私はピアノ初心者で不安でしたが、個別レッスンのおかげで気持ちが楽になりました。弾けないより弾けた方がいいし、何よりも自分のピアノに合わせて元気に歌う子どもたちの姿を見たいと思い頑張っています。子どもの"楽しい"を引き出すことができる保育者をめざします。

松川 暁子さん

幼児教育学科第三部 2年
松川 暁子さん
愛知県立一宮高等学校出身

育児経験を生かし子どもの成長を
共に喜べる保育者になりたい。

育児をしながら第三部に通っています。授業が午前中で終わるので、母としての役割と学業を両立できてありがたいです。大学では課題やピアノの練習、「絵本の会」を立ち上げ読み聞かせの練習をしたり、附属幼稚園に行くなど充実した時間を過ごしています。学びながら自分の育児の採点をしている気分になります。

西田 愛香さん

幼児教育学科第三部 2年
西田 愛香さん
鹿児島県立種子島中央高等学校出身

午前は学校、午後は仕事。
学生&社会人として充実した毎日。

仕事をしながら修文で学んでいます。両親に学費の面で負担をかけずに、自立して「保育士になる」という夢を叶えたいと思ったときに本学の第三部のことを知り、ここで学ぼうと決めました。全力で子どもたちと向き合い、子どもからも保護者からも信頼される、笑顔を絶やさない保育者になりたいです。

大崎 彰也さん

幼児教育学科第三部 2年
大崎 彰也さん
愛知県立一宮商業高等学校出身

時間を有効に使える第三部で、
経済的にもゆとりを持った学び。

将来、病児保育・障がい児保育ができる保育園を経営したいと考えています。また保育者の労働環境を整備し、ゆとりを持って保育ができるようにしたいです。その夢に向かってワクワクしながら勉強を楽しんでいますが、授業時間以外は、主にピアノの練習か仕事をしています。先生たちも明るく、和気あいあいとした雰囲気です。

岩田 万菜果さん

幼児教育学科第三部 2年
岩田 万菜果さん
愛知県 修文女子高等学校出身

実習中に出会う子どもたちの笑顔を励みに、
夢に向かって頑張っています。

先生方の丁寧な対応やオープンキャンパスでの体験授業を通して、私もここで学ぼうと決めました。修文には附属幼稚園があり、園見学を前期に行うので、後期からの教育実習に向けて準備や心構えができます。また人前で発表する授業が多く、場馴れしてそれが自信につながっています。将来は仕事に責任を持てる保育者になりたいです。