看護学部 看護学科

※男女共学

最新の医療知識と技術を備え、地域の医療に貢献する。
傷病者はもちろん家族も救う、人々の健康に寄与できる看護師を育てます。

看護学科

看護学科 4つの特長

1.地域医療に貢献できる力を養成。

保健と福祉の領域も含めた異なる分野の専門職が連携・協働して総合的かつ包括的に援助活動を行う、新しいチーム医療の形が注目されています。そんな社会の要請に応えるため、看護の基礎知識・技術に加えて、豊かな人間性、高度な論理的思考、的確な問題解決能力を身につけた、地域医療を支える看護師を育てます。

2.最新の学習環境で、実践力を養成。

看護学部の開設に伴い、地上5階建ての看護学部棟を新たに建設しました。広々とした講義室や分野別の実習室などを完備。臨地実習に備えて学内で十分な演習ができるよう、実際の医療現場に即した最新の設備・備品をそろえました。また実習先や就職先の担当者との打ち合わせなどに使用できる「看護支援センター」も設置しました。

3.2年次より地域の基幹病院で臨地実習を実施。

「看護は実践の科学」という考えのもと、1グループ5人程度の少人数体制で臨地実習を行います。実習先は地域を代表する基幹病院が中心。高度な先進医療を進める現場の最前線で学びます。さらに大学最寄り駅から30分以内の病院がほとんどなので移動時間の負担が少なく、心身ともに万全の状態で学びに集中できます。

4.学院内で連携し、幅広い学びを実現。

本学の母体は、幼稚園や高校、短大を擁する学校法人修文学院。看護学部でもそのネットワークを生かし、幼稚園での小児看護学実習や、本学健康栄養学部と連携した栄養ケアの学修など、幅広い学びを展開。さらに他職種とのスムーズなコミュニケーション力を養う科目も導入し、チーム医療の一員としての役割を担う力を身につけます。

取得できる資格・免許

  • 看護師
    (国家試験受験資格)

選択により取得できる資格・免許

  • 保健師
    (国家試験受験資格)
  • 第一種衛生管理者
    (保健師資格取得後本人申請)
  • 養護教諭二種免許状
    (保健師資格取得後本人申請)