就職決定者からのメッセージ

※2016年3月卒業

修文で学んでよかった! 私たち、夢に向かって羽ばたきます!

健康栄養学部 管理栄養学科

株式会社グリーンハウス 齋藤 未奈さん

正しい食事で多くの人の健康を支えたい。

所属ゼミでは、糖尿病患者さんの食事療法について調査しました。通院患者さんはご自身で食事療法を進めるため、定期的な栄養指導がとても重要。正しく実践できているか状態を常に把握し、改善点を理解していただく必要があるからです。病院での栄養指導を見学する機会をいただき、患者さん一人ひとり異なる知識に合わせてわかりやすく伝えることの難しさを痛感しました。春からは病院や高齢者施設などに食事を提供するヘルスケア部門で働きます。修文で培った知識と経験を生かして、正しい食事で多くの人の健康を支えたいと思います。

齋藤 未奈さん
齋藤 未奈さん
2016年3月 管理栄養学科 卒業
岐阜県 岐山高等学校出身

学校法人 西養寺学園 大野幼稚園 武馬 央佳さん

アレルギーに対応し、子どもが安心できる給食を。

特に興味深く学んだのは、栄養学です。栄養素が体に与える影響を専門の先生からわかりやすく教えていただけるため、化学式をただ暗記するのではなく役立つ知識として覚えることができました。食も子どもも大好きな私は、幼稚園の栄養士として働きます。私の役割のひとつは、アレルギーを持つ子どもへの対応。保護者の方と面談を重ね、一人ひとりに適した給食をつくります。また子どもたちの将来の体をつくるために食事がどれほど大切かを正しく伝えられるよう、栄養指導も進めたい。そのために今後も学び続けたいという思いでいっぱいです。

武馬 央佳さん
武馬 央佳さん
2016年3月 管理栄養学科 卒業
愛知県 一宮北高等学校出身

ステラリンク株式会社 (たんぽぽ介護センター) 寺倉 沙季さん

安全でおいしい食事で、笑顔をつくりたい。

この学科を志したのは、糖尿病で入院する祖父の力になりたかったからです。「生化学」の授業では食べたものが体内で消化、吸収、代謝される仕組みと、そこで栄養素が担う役割を知り、食の重要性を知りました。そして「臨床栄養学」で糖尿病を含む生活習慣病とその病態に合わせた食事療法を学ぶことができました。就職先は、さまざまな介護施設を経営する企業。修文で学んだ医療、栄養、食品衛生などの知識を生かして、安全でおいしい献立づくりに携わりたい。私の長所である明るい性格も生かして、笑顔あふれる食事時間を提供したいと思います。

寺倉 沙季さん
寺倉 沙季さん
2016年3月 管理栄養学科 卒業
愛知県 木曽川高等学校出身

中部薬品株式会社 杉浦 衣織さん

幅広い知識で、お客様の健康をトータルに支えたい。

自分が入院を経験したときに食事が体に与える影響の大きさを強く実感し、管理栄養士をめざしました。学ぶ中で難しいと感じたのは、栄養指導です。臨地実習で糖尿病教室を行ったのですが、患者さんが理解できない部分があり現場の管理栄養士さんに助けていただきました。対象者の状態や知識を把握して、分かりやすい言葉で話す必要があることを痛感しました。就職先では、薬局での接客や販売のほか、育児相談なども行います。栄養、美容、医薬品に関する幅広い知識が求められるため、修文で培った知識を応用できるよう、さらに学び続けます。

杉浦 衣織さん
杉浦 衣織さん
2016年3月 管理栄養学科 卒業
三重県 四日市西高等学校出身

幼児教育学科第一部

一宮市(保育職) 觸 飛鳥さん

子どもの発達に合わせた造形指導を学びました。年齢や状況に合わせて何を準備するべきか、どのように造形活動を進めると効果的か。学んだことを保育現場で実践するなど、貴重な機会もたくさんありました。また私たちも造形活動を行って自身の感性を高め、造形を通して表現することについて理解できるように。相手の気持ちや考え方を受け入れる大切さも学ぶことができたと感じています。

觸 飛鳥さん
觸 飛鳥さん
2016年3月 幼児教育学科第一部 卒業
愛知県 杏和高等学校出身

北名古屋市(保育職) 水野 杏菜さん

0~2歳の乳児は日々めまぐるしく成長します。講義ではその発達過程を映像で観ながら学び、保育所実習では初めて歩いたり話したりする貴重な瞬間に立ち会えたため、保育者としてどのようにサポートをするべきか具体的に考えられました。私がめざすのは、子どもたちと一緒に成長できる先生です。「明日も園に行きたい」と楽しみに登園できるような、生き生き過ごせる保育環境づくりに努めます。

水野 杏菜さん
水野 杏菜さん
2016年3月 幼児教育学科第一部 卒業
愛知県 西陵高等学校出身

幼児教育学科第三部

刈谷市(保育職) 近田 茉奈美さん

保育の現場経験が豊富な先生から、子どもについてリアルな話を伺いながら学ぶことができました。講義毎に1つずつ教えていただく手遊びは実習で役立ちました。春からは生まれ育った刈谷市で働きます。緑豊かな公園などふれあいの場が多い土地柄だけあって、子育てに適した環境を大切にしたい。地域の方々を巻き込んだ保育を実践し、子育てに奮闘する保護者の心のより所をつくることができる保育士をめざします。

近田 茉奈美さん
近田 茉奈美さん
2016年3月 幼児教育学科第三部 卒業
愛知県 高浜高等学校出身

朝日町(保育職) 駒田 梨乃さん

ピアノに自信がなく童謡の弾き歌いもしたことがなかったのですが、授業ではレベル別の少人数グループで教えていただけたので上達を実感できました。また試験でも就職試験を想定し、スーツを着用して行うため本番をイメージでき、就職試験当日も落ちついて臨めました。修文の先生方が私たちに協力的で接しやすかったように、私も誰からも親しまれる保育者をめざしたい。今後も努力を惜しまず学び続けたいと思います。

駒田 梨乃さん
駒田 梨乃さん
2016年3月 幼児教育学科第三部 卒業
三重県 桑名西高等学校出身

生活・医療事務コース

株式会社ジャストメディクス 住吉 優香さん

想像以上の学びと経験を得ることができ、希望通りの就職がかないました!

医療系の職場で働きたいと考えていたので、医療事務について学び資格取得をめざせる修文に入学しました。現場経験が豊富な先生が講義を担当されるため、医療業界の現状を知りながら実践力が身についたと実感しています。「医療情報演習」では、診療費の計算やレセプト(診療報酬明細書)の作成を具体的に学び、専門的な知識に驚くことも。たとえば、外来と入院では薬剤の点数計算が異なります。さらに入院の場合は計算する項目が多いためレセプト作成が大変なのですが、その分、合計点数がピッタリ合うとうれしい!また疾病や薬剤にも詳しくなったため、自分が病院にかかってレセプトをもらうと内容を解読できるように。日常生活でも学びの成果を実感でき、モチベーションはぐんぐん上がりました。就職先は、私の希望に合わせて先生が紹介してくださった会社です。社会人としての責任感を強く持ち、患者さんのためにこれからも勉強し知識を増やしたいと思います。

住吉 優香さん
住吉 優香さん
2016年3月 生活クリエートコース
(現:生活・医療事務コース)卒業
愛知県 杏和高等学校出身

岐阜トヨペット株式会社 新井 菜々子さん

女性のライフステージに合わせた学びで、将来を具体的に想像できるように。

「保育学」はとても興味深い講義でした。子どもを取り巻く環境や成長発達など、知らなければいけないけれど学ぶ機会が意外にないことを、しっかりと学べたからです。また講義を聴くばかりでなく実習も豊富で、等身大の赤ちゃん人形を使って、おむつ交換や沐浴、衣類の着脱などを実践できました。いつか自分の子どもが生まれたときはもちろん、親族や友だちの子どもと接するときなど、必ず役立つはず。私は抱っこの仕方すら知らなかったので、正しく学べて本当によかったと思います。ほかにも、衣・食・住をトータルに学ぶこのコースでは女性が生きていくために必要な講義ばかりだったので、将来を想像しながら楽しく学ぶことができました。さらにビジネスマナーなど社会人として必要な知識も身につけながら自分らしく生きることを考えられたので、就職活動でも企業情報ばかりでなく、実際の社風や仕事内容にも目を向けるように。納得の就職先を見つけることができました。

新井 菜々子さん
新井 菜々子さん
2016年3月 生活クリエートコース
(現:生活・医療事務コース)卒業
岐阜県 高山西高等学校出身

ファッションビジネスコース

ジュングループ 神谷 里穂さん

洋服の構成から学んだ経験は販売員としての自信にもなります。

「被服構成学実習」では、型紙の取り方やミシンの使い方から学び、パンツやブラウス、ファッション小物などを製作しました。正直なところ、「ファッションビジネスについて学ぶコースで服づくりもするの?」と始めは驚きました。しかし、販売員も洋服がどのように構成されているかを知らなければ、お客様に正しく説明したりおすすめしたりできません。学ぶほどに大切な知識だと分かりましたし、実際につくることでより深く洋服について理解できました。それに、初めて編み物に挑戦するなど楽しく学べ、ボタン付けなど日常でも役立つ裁縫にも自信が持てるようになりました。就職先は数多くのファッションブランドを持つ企業です。修文で身につけた接客マナーを生かしてお客様から信頼される販売員になりたい。さらに仕事仲間や先輩方からも信頼していただけるよう、接客以外の仕事も積極的に覚えるよう努力したい。そしていつか店長や責任者をめざしたいと思います。

神谷 里穂さん
神谷 里穂さん
2016年3月 ファッションビジネスコース 卒業
愛知県 高浜高等学校出身

株式会社クロスカンパニー 佐伯 鮎奈さん

経験を積んで商品企画に携わりたい。夢の実現に向けて走り続けます。

ファッション業界で役立つさまざまな知識を身につけられました。それを強く実感できたのは、アパレルショップで接客を経験させていただいたインターンシップです。「ビジネス実務演習」で現在の流行を調査して資料づくりをしていたため、その経験を生かしてお客様に似合う流行服をおすすめし喜んでいただくことができました。また洗濯表示についても学んでいたため、取り扱い絵表示を質問されたときに正しく答えられました。しかし同時に、そのお店の商品知識がもっと必要だということにも気づかされましたし、幅広い年代のお客様に対応できる接客態度も必要だと感じました。春からはアパレルショップ店員として働きます。私にコーディネートを考えてもらいたい、とお客様から言っていただけるような店員になりたい。そして経験を積み、いつかは商品企画に携わって新しいブランドをつくりたい。ずっと夢見てきたことを実現できるよう、これからも学び続けます。

佐伯 鮎奈さん
佐伯 鮎奈さん
2016年3月 ファッションビジネスコース 卒業
岐阜県 岐阜総合学園高等学校出身

オフィスキャリアコース

中部電力株式会社 永田 汐里さん

修文の先生方から教わったこと、すべてを自信に変えて責任感ある社会人に。

先生方は私たち学生と真剣に向き合ってくださいました。授業でていねいに教えてくださるほか、インターンシップ先の希望を出すときなども親身に相談に乗ってくださいました。私はあえて、アルバイトでも経験したことがなかった業界を希望することに。自分の適性や希望業界がはっきりと分かったのは、実際に働いたからだと実感しています。就職活動が始まってからも、就職課の職員をはじめ学科の先生方は手厚くサポートしてくださいました。面接練習を重ねることにより、自分の思いや考えをまとめ、言葉にして伝えることを突き詰められたので、本番でも慌てることなくスムーズに話すことができました。「ここで働きたい」と強い思いを持ち、それをかなえられたのは、修文で学んだからこそ!将来を見通してたくさんの資格を取ったこと、授業でビジネスマナーなどを実践的に身につけられたことを自信に変えて、責任を持って仕事に取り組める社会人になりたいと思います。

永田 汐里さん
永田 汐里さん
2016年3月 オフィス秘書コース
(現:オフィスキャリアコース) 卒業
岐阜県 大垣商業高等学校出身

花王カスタマーマーケティング株式会社 元梅 香奈さん

積極的に学び苦手を克服!自信がつき、大きな目標を持てました。

秘書検定に向けて勉強したり、ビジネスマナーを身につけたり、積極的に学んだ2年間でした。中でも興味を持って取り組んだのは、「プレゼンテーション演習」です。この講義を履修したのは、人前で話すことが苦手だったから。これから社会に出ていくために克服したいと思ったんです。テーマに沿って発表内容をまとめるほか、早口言葉を練習し、笑顔で話すよう心掛けるなど、伝え方にも気を配るよう学びました。そして何度もプレゼンテーションを繰り返すうちに、いつしか自信がつき、人前で話すことを楽しめるように!自分の成長を感じられました。春からは美容部員として化粧品販売に携わります。この会社を志望したのは、会社説明会で社員の方々のお話を伺い、常に目標を持ち仕事に取り組む姿が輝いて見えたから。私もそんな社会人に憧れています。修文で身につけた礼儀作法や正しい言葉づかいを生かして、お客様に喜んでいただける接客がしたいと思います。

元梅 香奈さん
元梅 香奈さん
2016年3月 オフィス秘書コース
(現:オフィスキャリアコース) 卒業
熊本県 上天草高等学校出身

製菓コース

株式会社ユーハイム 福田 理紗さん

製パンやラッピングなど、幅広い技術を身につけられました。

私が修文を選んだのは、短期大学部だからです。ケーキづくりはもちろん、技術も教養も幅広く身につけることができました。なかでも興味深かったのは「製パン実習」です。仕込みから焼成までの全工程をひとりで行うのですが、パンづくり初心者だった私は段取り良く作業することが難しくて!分量を間違えたり、手早く生地を丸められず発酵させすぎたりと失敗もしましたが、だからこそ味の違いや手早く作業することを、身をもって覚えられました。また「ベーシックデザイン」ではラッピングを学びました。商品の形に合わせた包装の仕方やリボンの裏が見えない結び方、リボンの幅や質感に合わせた扱い方など、プロの技術が身についたと実感しています。柄や色合い、組み合わせによって商品の雰囲気がガラリと変わるため、職場でも生かしたい技術のひとつです。就職先は、私が子どもの頃から大好きなお菓子を扱っている会社。誇りを持って働き、さらなる資格取得もめざします。

福田 理紗さん
福田 理紗さん
2016年3月 製菓クリエートコース
(現:製菓コース) 卒業
鳥取県 鳥取商業高等学校出身

株式会社ミストラル 並木 唯さん

製菓材料の特徴を詳しく学んだことは、製菓衛生師の国家試験にも役立ちました。

「製菓理論」では製菓材料の特徴を知るために、さまざまな材料を食べ比べました。驚いたのは、人工甘味料です。砂糖の何百倍もの甘さがあるため、ほんの少しの量で味が大きく変わるのです。また軟水に慣れている私たち日本人にとって硬水の味には抵抗感があるなど、育った土地によって味覚が異なることも学びました。この講義で身につけた知識は製菓衛生師の国家試験にも役立ちました。また、「シュガークラフト実習」は製菓技術に役立ったと感じています。始めは細かい作業に苦心しましたが、いつしか夢中になり、修了製作としてデザインから考えた一台を作り上げたときは大きな達成感を得られました。春からは、インターンシップでもお世話になった会社で製菓製造と販売に携わります。一つひとつの仕事を確実に、ていねいに覚えていきたい。修文の講義や実習を通して身につけたあらゆる技術や知識を生かして、社会人としても常にステップアップしたいと思います。

並木 唯さん
並木 唯さん
2016年3月 製菓クリエートコース
(現:製菓コース) 卒業
愛知県 修文女子高等学校出身