閉じる

閉じる

幼児教育学科 第一部
全画面プリント 本文プリント

幼児教育学科 第一部

※男女共学

現場体験を重視した学びで
子どもの成長をきちんと見つめられる保育者に。

2年間の学びで保育士資格と幼稚園教諭二種免許状が取得可能です。入学直後の1年次前期は実習事前準備・指導、後期は観察実習と、1年間にわたり保育の現場を体験。一人ひとり異なる子どもの成長に合わせた指導ができる、即戦力となる保育者を育てます。

幼児教育学科 第一部 3つの特長

1.現場での実践的な学びを重視。

1年次前期は園見学を含む実習事前準備・指導、後期は観察実習を行い、年間を通して子どもと触れ合ったり、保育者の仕事を観察できる機会が豊富。保育の現場を踏まえた学び(実習)と学内での学びの反復により、知識・技術・感性がバランスよく身についた実践能力の高い保育者を養成します。

2.保育所その他の福祉施設でも実習。

保育所実習では0歳児から年長さんまでの保育を体験。このほか、児童養護施設などの福祉施設でも実習を行い、幼稚園教育実習とともに、さまざまな現場・さまざまな年齢の子どもたちに対応できる力を養います。

3.親身に指導してくれる教員。

教員と学生の距離が近いことが大きな特長です。教員はみんな気さくで、些細なことでも相談しやすい雰囲気。卒業した後も、本学を訪れ、教員と語り合う先輩の姿が見られます。

ページの先頭へページの先頭へ