国家試験対策


国家試験対策

1年次からの対策プログラムで合格をめざします。

4年次3月に実施される管理栄養士国家試験に向けて、1年次から段階的な対策を始めます。3年次には、定期的に模擬試験を行って不正答問題をチェックするなど確実な知識を身につけることに加え、長期休暇には集中講座を行うなど、基礎・専門の学力の向上をめざしながら試験直前まで手厚くサポートし、確実に実力をつけていきます。


health_support_01.jpg
health_support_02.jpg

2018年3月に実施された第32回管理栄養士国家試験の合格率は60.8%でした。
本学の合格率は50.0%※となっています。
(※受験者48名/希望者全員受験|合格者24名)


主な対策内容

グループワークで知識の定着率アップ

国家試験は資格試験です。資格試験は入学試験のように競争するものではなく、一定以上の知識が認められれば合格します。学習の定着率を調べた研究によると、講義ではわずか5%程度ですが、他人に教えた場合には90%が定着すると言われています。4年次ではゼミ単位にグループ化しますので、お互いに知っている知識を教え合うことで学力向上をめざします。

苦手科目の克服

管理栄養士国家試験の出題分野は多岐に渡っています。分野の中には得意とするものもあれば苦手なものもあるはずです。校内模試で不得意分野を見つけ、その分野を克服するように全教員がサポートします。


過去問制覇の講座開催

国家試験のガイドラインには、過去に使用した良問は再度使用することがある、と記載されています。
過去10年分程度を概観すると、同じような問題が繰り返し出題されています。
まずは、これまでの問題を完全に理解するように、講座を開催します。

health_support_03.jpg

国家試験対策講座受講者からのメッセージ

経験豊富な先生の指導と仲間の存在が心強い!

伊藤 早織さん

2018年3月 管理栄養学科卒業
伊藤 早織さん
三重県 桑名西高等学校出身
就職決定先 : 株式会社スギ薬局

国家試験 現役合格!!
3年次までに基礎固めを一通り終える国家試験対策講座。その後は過去問題や模擬試験を通して実力をつける追い込みに入ります。長期休暇中にも集中講座が開催され、「みんなで合格しよう!」と、やる気に火がつきました。いつでも質問できる環境が整えられており、わからないことをそのままにすることもありません。国家試験対策のプロである先生オリジナルの資料をもとに、学びを一つずつ自分のものにして、合格を勝ち取ることができました。春からは、管理栄養士のニーズが高まっている大手薬局で働く予定です。食の知識を活かして、地域の方々の健康をサポートしていきたいです。