幼児教育学科 第一部


幼児教育学科 第一部

※男女共学

現場体験を重視した学びで子どもの成長をきちんと見つめられる保育者を養成。

幼児教育学科 第一部

2年間の学びで保育士資格と幼稚園教諭二種免許状が取得可能です。入学直後の1年次前期は実習事前準備・指導~園見学・行事体験実習、後期は観察実習(幼稚園教育実習Ⅰ)と、1年間にわたり保育の現場を体験。一人ひとり異なる子どもの成長に合わせた指導ができる、即戦力となる保育者を育てます。



取得できる資格・免許

  • 幼稚園教諭二種免許状
  • 保育士資格
  • 社会福祉主事任用資格

取得を支援する資格・免許

  • 保育英検
  • 漢字検定
  • おもちゃインストラクター
  • ネイチャーゲームリーダー

学びの特長

附属幼稚園をはじめとする現場での実習や体験を重ねて、保育者としての専門性を磨いていきます。

附属幼稚園での実践的な学びを重視。

1年次前期は附属幼稚園での見学と行事体験を含む実習事前事後指導、後期は附属幼稚園での教育実習・前半を行います。年間を通して子どもとふれあったり、保育者の仕事を観察したりできる機会が豊富です。保育の現場を踏まえた学び(実習)と学内での学びの反復により、知識・技術・感性がバランスよく身についた保育実践能力の高い保育者を養成します。


子育て支援も学び、保護者や地域住民からも信頼される先生に。

子どもの保育に加えて保護者の子育て支援も、保育者の重要な役割です。そのため、子どもの発達過程や保育の本質を学ぶ科目のほか、保育の相談支援について学ぶ科目も充実しています。


保育者やその他の福祉施設でも実習。

保育所実習では0歳児さんから年長児さんまでの保育を体験。このほか、児童養護施設などの福祉施設でも実習を行い、幼稚園教育実習とともに、さまざまな現場・さまざまな年齢の子どもたちに対応できる力を養います。