保育演習

保育演習

保育の技能を身につける授業「保育演習」の発表の場【クリスマスコンサート】

幼児教育学科の卒業学年による、毎年恒例のクリスマスコンサート。会場の一宮市民会館には、一宮市内の幼稚園児・保育園児やその保護者、さらには保育に興味を持つ高校生などの観客が、毎年1400人以上集まります。人形劇・器楽・環境とあそび・ピアノ・音楽あそび・造形表現など、保育演習で身につけた現場で役立つ表現力を生かし、短大生活の集大成を発表します。(保育演習では、クリスマスコンサートのほかにも、保育所や幼稚園、施設などで発表の場をつくっていただき、学びの成果を子どもたちの前で披露しています。)

※写真は2016年12月に行われたクリスマスコンサートでの各種目の演目の様子です。


人形劇

「一緒に良い作品をつくろう!」みんなで協力した人形劇。

とても大きい人形をつくるので、みんなで協力しなければ進みません。みんなで声を掛け合い作業することによってチームワークが強まりました。先生も「一緒に良い作品をつくろう!」と言って私たちが授業後に作業をしているときも見に来てくださいました。演じ方で悩んだときはたくさんアドバイスをくださり、とても感謝しています。全員でつくり上げたという大きな達成感を得ることができました。

山口 結衣さん

幼児教育学科第一部 2017年3月卒業
山口 結衣さん
岐阜県 益田清風高等学校出身

"ゼロからつくる"造形を通して、表現力を発揮してほしい。


幼児教育学科 堀 義幸 教授
専門:彫刻

「造形とはゼロからの作業」そう話す堀先生の演習では、人形劇制作に取り組んでいます。「常に多くのことをシミュレーションすること。完成形を思い浮かべ、創造力を働かせること。人形劇を通して、個々が潜在的に持つ表現力を発揮させてほしいと思っています」。

器楽

全員の息を合わせてひとつの音楽をつくり上げる!

一人ひとりの音では音楽にならず、みんなの息が合って初めて音楽として成り立つ――ここがハンドベルのおもしろいところです! きれいな音の鳴らし方やテンポの合わせ方を先生にご指導いただき、みんなで練習を重ねました。大切にしたのは、より良い演奏をするために妥協しないこと。テンポのズレや音の間違いなど、どんな小さなことも曖昧にせず指摘し合い、音の振り分け方も工夫しました。

前田 有佳里さん

幼児教育学科第一部 2017年3月卒業
前田 有佳里さん
愛知県 杏和高等学校出身

音楽を通して、子どもたちと楽しくコミュニケーション!


幼児教育学科 三輪 雅美 准教授
専門:幼児期の音楽表現、音楽教育 など

身の回りの音や楽器を使った遊びを取り上げる三輪先生の演習では、ハンドベル演奏を行いました。「はじめは音を出すことで精いっぱいだった学生も、徐々にフレーズを意識できるようになり自分たちの音楽を完成させています。楽器を通してコミュニケーションする力を身につけましょう」。

環境とあそび

子どもたちに喜んでもらいたい。その一心で演出を試行錯誤!

みんなで意見を出し、納得できるまで話し合いを重ねて準備を進めました。ひとつのプログラムをつくるのは難しく大変なこともありましたが、空気砲やバルーンの演出に子どもたちが喜ぶ姿を見て嬉しく思いました。また、素晴らしい先生に恵まれたことも感謝しています。アドバイスをくださるほか、大きな機材づくりなど力仕事も手伝ってくださったんですよ。学生同士も仲良く、最高の経験でした。

五十嵐 莉央さん

幼児教育学科第三部 2017年3月卒業
五十嵐 莉央さん
愛知県 西陵高等学校出身

子どもたちと一緒に遊び、一緒に感動できる保育者に!


幼児教育学科 奥薗 知明 講師
専門:生涯学習、遊び環境 など

奥薗先生の演習では、「自然」や「もの」など子どもたちの身近にある環境を学び、それらを使った遊びを探究しています。「自らも子どもの遊びを体験し、一緒に感動できる保育者をめざしましょう。そして、保育者は子どもたちにとって大切な人的環境であることも、自覚してほしいですね」。

ピアノ

曲の流れや演出まで全て自分たちでつくり上げた舞台!

テーマに合わせて演奏したい曲を決め、ストーリーを考えて台本も書きました。ピアノ練習のほか、演出のための大道具製作など準備はたくさんありましたが、みんなで前向きに取り組みました。先生はスムーズに弾くための練習法から教えてくださり、演奏技術が上がったことも実感できます。そして何より、私たちと一緒にいっぱい笑ってくれた先生が大好き! アットホームな中で楽しく練習できました。

松井 小百合さん

幼児教育学科第三部 2017年3月卒業
松井 小百合さん
奈良県 奈良文化高等学校出身

音楽の楽しさや心地よさを子どもたちに伝えましょう。


幼児教育学科 岡田 暁子 准教授
専門:ピアノ

保育者に必要な音楽スキルを磨く岡田先生の演習では、ピアノのコード奏や移調奏、連弾に取り組みます。「音楽スキルは一夜漬けでは上達しませんが、コツコツ積み重ねれば必ず弾けるようになりますよ。指の動かし方のコツも指導します。音楽を奏でる喜びを感じましょう」。

音楽あそび

身近なもので楽器を制作!音楽の楽しさを伝えたい。

ペットボトルやバケツなど、身近なものを使って楽器をつくり演奏しました。曲に合わせてダンスをする場面など演出も工夫しました。練習ではお互いを見て「こうするといいよ」とアドバイスし合うなど全体を広く見渡す力もついたと感じています。先生のサポートを受けながら学生が中心となってつくり上げた舞台、練習の度に仲良くなり、最後はみんなの心がひとつになれたことを実感できました。

山口 真由香さん

幼児教育学科第一部 2017年3月卒業
山口 真由香さん
愛知県 一宮商業高等学校出身

楽器がなくても音楽はできる!自由な発想を育てましょう。


幼児教育学科 友永 良子 講師
専門:表現技術(基礎音楽・幼児音楽)、保育演習 など

声や体、身近にあるものを使って音楽をつくります。「"教える"という姿勢ではなく、学生の考えを尊重しています。既製の音楽を学ぶにとどまらず、型にはまらない自由な発想を身につけてほしい。楽器がなくても子どもたちと音楽をつくり楽しめる先生をめざしてください」。

造形表現

ダンボールの巨大遊具で子どもたちを笑顔に!

ダンボールを使った巨大迷路やすべり台で、子どもたちに楽しんでもらいました。私たちが大切にしてきたのは、「つくりたい」という思いを尊重し合うこと。つくるものやテーマは必ず話し合いで決めていたので、みんなが意欲的に協力し合って作業を進めることができました。仲もグンと深まりましたよ。先生はつくるものに適した材料や素材の違いを教えてくださったので、ものづくりの知識も増えました!

南條 沙季さん

幼児教育学科第一部 2017年3月卒業
南條 沙季さん
愛知県 安城高等学校出身

表現方法は人それぞれ。互いの感性を認め合おう!


幼児教育学科 西村 志磨 准教授
専門:子どもの造形教育

西村先生の演習では、絵の具や廃材、自然素材などを利用して、ものづくりに取り組みます。「子どもは年齢や個人差によって表現の方法が異なることを知り、発達段階に応じた援助の方法を身につけましょう。学生同士の作品から他者の表現や感じ方にふれることも大切です」。