学校法人 修文学院は
2021年に創立80周年を
迎えました。

沿革

年度 内容
1941年
(昭和16年)
創立者:吉田萬次先生により一宮女子商業学校設立
1945年
(昭和20年)
学校訓制定(推譲・明朗・強健)
1948年
(昭和23年)
学制改革により桃陵女子高等学校発足(普通科、商業科、家政科の3課程を設置)
1955年
(昭和30年)
桃陵女子高等学校を一宮女子高等学校に校名変更
一宮女子短期大学(家政科)開学
附属一宮幼稚園開園
1957年
(昭和32年)
家政科栄養専攻が厚生省(当時)より栄養士養成施設に指定
1958年
(昭和33年)
校訓制定(誠実・勤勉・温雅・質素)学校訓(推譲・明朗・強健)を学園訓とする
1962年
(昭和37年)
保育科を開設
一宮女子短期大学保育科を開設
文部省(当時)より幼稚園教諭二級普通免許の課程認可
厚生省(当時)より保母養成施設に指定
1969年
(昭和44年)
一宮女子短期大学家政学科第三部・幼児教育学科第三部(修業年限3年)を開設
一宮女子短期大学家政科を家政学科第一部、保育科を幼児教育学科第一部に改称
附属藤ヶ丘幼稚園開園
1987年
(昭和62年)
保育科を開設
校訓を廃止し、学園訓に一本化
1992年
(平成4年)
一宮女子短期大学家政学科第三部・幼児教育学科第三部(修業年限3年)を開設
一宮女子短期大学家政科を家政学科第一部、保育科を幼児教育学科第一部に改称
附属藤ヶ丘幼稚園開園
1997年
(平成9年)
一宮女子高等学校に食物調理科を設置、厚生大臣の調理師養成施設の指定を受け、調理師資格取得可能になる
2000年
(平成12年)
環境マネジメントシステム国際規格ISO14001認証取得
2003年
(平成15年)
一宮女子短期大学生活文化学科に製菓クリエートコース(※現:製菓コース)を開設
2005年
(平成17年)
一宮女子短期大学開学50周年
2007年
(平成19年)
一宮女子高等学校商業科を情報会計科に改称
2008年
(平成20年4月)
修文大学(健康栄養学部・管理栄養学科)開学
管理栄養士養成施設認可
※幼児教育学科 専攻科を廃止
一宮女子高等学校を修文女子高等学校に校名変更
2010年
(平成22年4月)
一宮女子短期大学を修文大学短期大学部に名称変更
2016年
(平成28年4月)
法人名を「修文学院」に変更
修文大学看護学部・看護学科を開設
2020年
(令和2年度)
修文大学医療科学部・臨床検査学科を開設
沿革

80周年シンボルマーク

修文学院創立80周年を記念して作られたシンボルマークです